GSからSS、そしてPSへ
ぴっと! ステーション

地域で働く人や暮らす人がこころとからだの充電に立ち寄る場所

高度経済成長の時代から地域を支えた地域の名門エネルギー企業が少子高齢化の時代も、地域の経済と地域で働き暮らす人々をサポートし続けます。

時代背景とPIT STATION

再生治療などの飛躍的な医学の進歩により、人類は長寿時代を迎えようとしています。

私たちはPIT STATIONを「マルチステージ化する人生をサポートする拠点」として展開を進めていきます。

  • 「こころとからだのメンテナンス」
  • 人生100年時代の前提になる健康寿命の延伸をサポートします。

  • 「ライフスタイルサポート」
  • 「人生100年時代構想会議」の議題の一つである「リカレント教育」において、労働者個々人の「ライフスタイルの実現」を支援します。

ガソリンスタンドとSDGs

本プログラムは、時代的な役割を終えたガソリンスタンドを未来型施設へ移行させる役割を担います。

Society5.0 for SDGsで、過去を未来につないでいきます。

継続可能な地域のビジネス拠点づくり

少子高齢化、労働人口減少が引き起こした深刻な問題を、相互協力し思いやる心 「お互い様の精神」で解決していきます。

エネルギー事業者(ライフライン)のビジネス展開

本プログラムは、地域ごとのエネルギー事業者との連携を基盤として推進しています。

ネットと連携して集客するメディアカフェ

時間帯ごとに異なるコミュニティの利用を促進し、トータルでPIT STATIONの集客機能を高めていきます。

メディア機能を活用し、コミュニティに合わせた情報を発信します。

  • 早朝・土日などの休日 
  • eスポーツやスポーツなど、小中学校を中心とした地域コミュニティの「朝練」「朝学習」の場としてのご利用

  • 平日 午前中
  • 地域のシニア層を中心とする皆様の立ち寄り場としてのご利用

  • 平日 アフターヌーン
  • 地域の主婦を中心とする皆様が 「夕食を買いに行く前」の立ち寄り場所としてのご利用

  • 平日 15時~17時ぐらいの午後
  • 学生を中心とする皆様が 「塾やアルバイトに行く前」の立ち寄り場所としてのご利用

  • 平日 アフターファイブ
  • 提携施設のスタッフや近隣のサラリーマンが 「リフレッシュする」場所としてのご利用

地域を活性化する廃校プロジェクト

この章では、廃校を障がい者の就労施設と地域コミュニティ拠点の複合施設として再生するプログラムを記述します。

本プログラムは、ニュースファクトリー社が推進します。

PIT STATIONの設置計画

働き方の変化により駅周辺の商業施設の集客力が低下しています。

この施設は、地域事業所・家庭への物流を含む様々な発信拠点になるとともに、事業所スタッフの憩いの場にもなります。

さらに、通勤をしない住民需要と通勤客の取り込みを実現する立地開発を行ってまいります。